※この作品は「寝込みを襲われた民宿のおかみ2 快楽堕ちした熟女の膣奥に濃厚射精」内の動画と同じものになりますのでご注意ください。とある温泉街にある家族経営の小さな民宿。そんな温泉宿の女将ひびきさん(44歳)を旦那不在の時を狙って夜●いする!華奢な体付きで透き通るような白い肌の彼女は、田舎町には似つかわしくない妖艶な色気を発している。マッサージをお願いしてどさくさにその身体を弄ると「あの…」と申し訳なさそうに笑顔で返しながらもいやらしい声が漏れる。隆起した男のイチモツを強引に握らせる。「困ります…」と言いながらもまんざらでもない笑みを浮かべ、抵抗する様子もない。「ここどうなってる?」「凄く勃ってる…」「嫌い?」「嫌いじゃない…」無理やり服をずらし、やや黒ずんだ乳首に吸い付く。漏れ出る嬌声で女将の女としての高まりが止まらない。しかし、一旦は理性が勝りその場から逃げ出してしまった。深夜、女将の部屋に忍び込み、彼女が起きないようにそっと浴衣をめくる。44歳とは思えないほどのしっとりとした肌を撫で回す。か細い体からは想像もつかない肉付きの良い尻を揉みしだくと、かすかに声が漏れている。体中撫で回し、舐め回し、揉みしだく。下着を捲ると薄っすらと生えた陰毛がまるで少○のようだ。薄いビラビラを開くと中はいやらしい汁が溢れ糸をひいている。ベチャベチャと舐め回される女将はどんな夢を見ているのだろうか。ガチガチのチ○ポを口に押し当てると、招き入れるように口を開き咥えこむ。もはやトロトロになっているオマ○コは受け入れ態勢も万全。スルリと男の生チ○ポが女の密壺に吸い込まれる。「奥気持ちいい…もっとして欲しい…」全てを受け入れた女はただただ快楽に身を委ねている。激しく子宮の奥を突かれ何度もイってしまう。男の首に手を回し、もはや旦那のことなど頭の片隅にない。初めて会った見知らぬ男の肉棒で何度もイキ、たっぷりと中出しされ満足そうな女将だった。 特集