【至近距離でも圧倒的に可愛い!!】酔い潰れた僕は後輩の鈴に手を引かれながら近くにあったラブホテルに入った。今まで女として意識した事はなかったが、こうして密室で二人きりになってしまうと嫌でも意識してしまう。はだける胸元…無防備なパンチラ…我慢の限界だった…。※この商品は専用プレイヤーでの視聴に最適化されています。※VR専用作品は必ず下記リンクより動作環境・対応デバイスを確認いただきご購入ください。