マンションの隣部屋に引っ越してきた美しすぎる隣人、夏目さん。エレベーター前ですれ違ったり、ベランダ越しに会話できるだけで幸せだった。泥●して帰宅したある日、目が覚めると隣に夏目さんが寝ていた!?どうやら二日酔いのボクを優しく介抱してくれていたみたいだ。 無防備な部屋着姿にドキドキしていると「ずっとあなたのこと気になっていました」と甘い声で誘惑してきて…!?美しい顔で、エロい体で、誘われるままに気づけば僕は彼女のことを抱きしめていた。※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。※この商品は専用プレイヤーでの視聴に最適化されています。※VR専用作品は必ず下記リンクより動作環境・対応デバイスを確認いただきご購入ください。