東京から地方に嫁いだゆう。しかし不慮の事故で夫を亡くし、数年経った今は再婚を考えていた。それを知った義父は戸惑いながらも、この村に昔から伝わる風習が頭をよぎっていた。それは『未亡人となった嫁は独り身の男家族の性奴●となる』というもの。今までは邪な想いを抑えていた義父だったが、再婚の話をキッカケに暴走を始めていく。「可愛いゆうさん…誰にも渡してなるものか…!!」